カードローンの審査基準は異なる?審査の緩い金融機関とは

クレジットカード

審査通過率の高いところを選ぼう

カードローンで借りるためには必ず審査に通過する必要がありますが、審査の厳しい・緩いは存在しています。一般的に銀行は厳しく、消費者金融は緩いと言われており、これは実質年率という金利を比較すると判断できます。低金利の銀行は年収・職業・雇用形態などの属性を厳しくチェックする傾向があり、高金利の消費者金融は銀行と比較して属性判断が厳しくありません。そのため銀行から借りられない人が消費者金融を利用するケースは多いですが、審査の通過率を明記している会社はありません。通過率を判断する指標は、パートやアルバイトなどの非正規の方に融資していること、1万円などの少額から借入できることです。少額から借りられる金融機関だと、金額を調整して融資してくれることが多いです。

キャッシング

年収の三分の一以上は借りられない

年収の三分の一までしか借入できない法律のことを総量規制と呼んでおり、ノンバンクの多目的ローンに対象となります。具体的には消費者金融のカードローンやキャッシングが対象になり、他社の借入も含めた合算額として計算されます。他社からも相当額の借入がある場合は、新規の会社で審査に通過できない可能性があるので注意してください。審査の緩い・厳しいを決定する要素には希望額もあり、少ないほど通過率を高めることができます。100万円を希望して落とされる人でも、50万円なら借入できたかもしれません。返済能力の範囲内で身の丈にあった借入をすることが、審査に通過するコツと言えます。年収の三分の一を超えて借りている場合は、総量規制対象外の銀行のカードローンなら借りられる可能性があります。