様々な条件

教育ローンの貸付には、様々な条件があります。基本的にどのような条件があるのか、確認しておくと良いでしょう。ここでは、いくつかの貸付条件をピックアップしていきます。

教育ローン融資対象となる学校一覧

  • 大学
  • 大学院
  • 予備校
  • 専修学校
  • 高等学校
  • 高等専門学校
  • 特別支援学校(高等部)
  • 海外の学校(原則6ヵ月以上の留学)

どのように使うか

基本的に教育ローンの使い道は自由です。一般的に学生がお金をどのように活用しているのかについても見ておきましょう。

お金の使い道

家族

学費などに使う

一般的に教育ローンを学費や教材費に使う学生が多いでしょう。大学などに通う場合は、学費もばかになりません。そのため、学費としてお金を利用する人がとても多いのです。また、資格取得の費用としても教育ローンを使うことができます。

生活費として使う

教育ローンを利用している学生の多くが一人暮らしをしています。そのため、私生活にお金を使うことも多いのです。教育ローンは学生の生活を助けることもできるでしょう。食費や光熱費などを教育ローンでまかなう人もいるのです。

学校に関する諸々

学校によっては修学旅行などもあるでしょう。そのため、修学旅行の費用に充てるという人も少なくありません。また、学生の国民年金保険に加入している場合は保険料の支払いに充てることも可能です。

教育ローンを利用する前に確認しておきたいこと

文房具

教育ローンの秘密

大阪を始め全国では教育ローンを利用する人がとても多いと言われています。学費を全て親の貯蓄で賄うことができれば良いのですが、100万円以上かかってしまうのでそれは難しいと言えるでしょう。しかし、教育ローンであれば必要な金額を支払うことができ、後は分割で返済していけば良いので貯蓄が不足しているけれど安定した収入があるという場合に利用することができます。